インフォメーション

2014-09-27 17:46:00

遺伝子操作をされた野菜・植物には嫌悪感を感じますね、豆腐にしてもパッケージの表示部分の印刷文字をついついみてしまいます。米国のモンサントという会社は遺伝子という侵してはいけない神の領域に手を付けたという情報しかありませんから。 それは組み替えられた遺伝子の野菜を食べて自分の体がいつかは異常がおきるような恐怖にイメージがあります。除草剤に耐えられる野菜も何となく気持ちが悪いものです。 しかしモンサント社は今までのデータを駆使し、自然交配に近い形で新品種をマーケットに送るようです。TPPの問題ですったもんだしていますが、表面には出ない奥深いところに注視すべきものがあるのかもしれません。

モンサント社の記事 ↓

http://wired.jp/2014/08/16/monsanto-super-veggie/2/