高柳EL栽培システム

 

 

高柳EL栽培システムの特徴

  1、特殊蛍光管による照明

  2、栽培機材の見直しによる低価格化

  3、低照度栽培の確立

  4、技術による良質な苗作り

  5、短い生育日数

 

例) リーフレタスの場合、

  消費電力    約1kwh /1株

  生育日数    29日/100g 

  生産コスト    約60円  (生産規模による)

 

 閉鎖型施設の場合、高額の投資金を回収しなければならないので慎重に取り組む必要があります。照明施設は基本的には蛍光灯栽培とLED照明があります。蛍光灯の場合、安定器と蛍光管の設置費用が単位当たりいくらかかるのかの計算が必要です。LED照明の場合赤色、青色、白色など使用いたします、ランニングコストは低いといわれますが初期費用がまだまだ高価格なので、回収年数などを見極めることが大事です。次に栽培品種の選定です、生育期間の短い野菜が一般的に選ばれます。 そして播種から収穫までの実質栽培期間の日数、及び1株当たりのコストを求めなければなりません。