設備の改良

長い間構想していた養液供給を行うため、人口光植物工場システムの設備変更を行いました。2月からスタートをしたため1か月半ほどの時間がかかってしまいました。この装置により目的とする栽培が可能になります。基本的な栽培システムは高柳EL栽培方法です、さらに元気に野菜が成長すると考えられるので3週間後の結果が期待されます。

同時に苗の成育方法も変えました。苗作りが基本になりますからいかに健康でしっかり作れるかが大切なことです。人間も子供のころの教育や運動、愛情がその後の人格形成に影響があるといわれます。まあ野菜の場合それほど大げさではないでしょうが、愛情が大事であるような気がしてなりません、いかがでしょうか。